FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

DTPを快適に!

なにかと短時間作業を強いられることの多いDTPの仕事。この苦しみから少しでも解放されたい思いで、只今勉強中!javascript、applescriptの習得を中心にその他のチップス、素材のことなんかを書いていきます。

Illsutratorオーバープリント検索(1)

再度、オーバープリントの自動処理に挑戦してみました。
結論から言うと残念ながら、
またも無条件オーバープリント全解除は出来ませんでした。

ただ、回避策として、解除ではなくオーバープリントの位置を探すことに、
方針転換しました。

そのためには、不本意ながら、ひと手間お願いしたいのが、
アピアランスを手動で分割していただくことです。

それを皆さんは受け入れてくれるでしょうか?

不安ではありますが、そんなスクリプトを作ってみました。

まずは、そこに行き着いた経緯、スクリプトの制作方針などを。

そんなのはどうでもいいとうかたは、
今回は2本立てなので飛ばして
Illsutratorオーバープリント検索(2)

断念orz → 方針転換( • ̀ω•́ )

このブログには「オーバープリント」をキーワードに
検索してくる人が多くいらしゃっています。

以前に書いたアクションでオーバープリントを解除するという記事に期待して来られているようです。
しかし記事としても書きましたが、期待に反して結局全てを解除というわけにはいきませんでした。

しかし、毎日多くの方が検索してくるのに、
「出来ませんでした」で済ますのも申し訳なく感じていました。
と言いつつ4年以上経つのですが…。

今回少し時間が出来たので、解決策を模索してみました。

理想はボタン一つで全てオーバープリントがなくなることです。

これまでの問題点は、アピアランスにあるオーバープリントです。
(よくよく調べるとブラシやシンボルなども問題でした。)

・アクションでは無理。
・スクリプトでは…アピアランスにアクセスする方法がわからなかった。
たぶん出来ないんのでしょう。

そこでいろいろ悩んだ結果、
私の結論としては、
アピアランスにオーバープリントがある場合は自動処理では解除できない。

と言ってしまっては元も子もないので、また考えました。

解除は出来ないので、
せめて「あるかないか」
そして
あれば「どこにあるのか」

これがわかれば、スッキリするのでは。


「あるかないか」
以前コメントで教えていただいたことがありました。
EPS形式で保存する際にオーバープリントがあれば、
ダイアログ内で保持するかというチェックボックスがでます。

「どこにあるか」
pdf保存しAcrobat proの出力プレビュー「カラー警告」で
場所を確認することは出来ます。
しかし、これは確認しづらい場合もあるので
もっと見やすく同じようなことができれば。


まずは「あるかないか」

調べてみると、EPS保存のときにも通じるのかと思うのですが、
Illustratorのデータの中にオーバープリントの情報がありました。

「ファイル」ー「ファイル情報」ー「詳細」タブの中に
「XMPページ化テキストプロパティ」というフォルダがあります。
この中に「xmpTPg:HasVisibleOverprint:」という項目があり、
オーバープリントが無ければ「False」、あれば「True」となっています。
オーバープリント情報
ここにアクセスすれば、有る無しがわかります。
もちろん、これはアピアランスにあるオーバープリントも判断されています。

ただ、一つ注意しなくてはいけないのは、
保存しないとこの情報が更新されないことです。

新規でドキュメントを作った場合は
オーバープリントがあっても「False」ですし、

保存時点の状態から変更してしまうと
正しい情報で無くなってしまうこともあります。


あとは「どこにあるのか」

ここで大きく妥協です。
冒頭にも書いた「アピアラスを分割」です。

結局「アピアランス」にアクセス出来ない以上、
どこにあるかもわかりません。
アピアラスを分割してしまえば、確認することが出来ます。

しかし、当然のように現状のドキュメントを崩してしまいます。
それじゃー使い物にならないという批判もあるでしょう。

もちろん分割した後に、
オーバープリントを解除しても使い物になりません。
分割してしまったのですから、
解除されたところで保存するのはイヤでしょう。

ではなく、分割するのはオーバープリントの位置を確認するためだけです。
その後、元の分割する前のファイルを開いてオーバープリントを解除するのです。

たしかに面倒なのですが…
分割してしまえば、もうアピアラスがなくなるので処理することが出来ます。

不本意な部分も大アリですが、以上の方針でscriptを作り始めました。

Illsutratorオーバープリント検索(2)