FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

DTPを快適に!

なにかと短時間作業を強いられることの多いDTPの仕事。この苦しみから少しでも解放されたい思いで、只今勉強中!javascript、applescriptの習得を中心にその他のチップス、素材のことなんかを書いていきます。

イラレ8でフォントがでない…AdobeFnt.lstで解決

とりあえず忘れないように書いておきます。

mac os9のillustratorの情報なので、皆さんにはもう有益とも思えないのですが…。

今(2010年4月)現在、メインはillustrator CS3なのですが、イラレ8もクライアントの都合、捨てられずにいます。
ちなみにクラッシック環境です。

先日からmacに新しいHDDをのせて、こちらにOS等を移行させてきました。
ハードディスクのクラッシュ確率を少しでも低くしたいので、定期的にやってます。
まるごとコピーすれば早いのかもしれませんが、極力不要になったものは入れたくないので、ひとつひとつインストールしちゃってます。

そこで本題ですが、イラレ8でつくった書類を開くとATM deluxeでチェックしたはずのフォントがでてこない。フォントリストにもでてこない。
ちなみにでてこないフォントはモリサワ、フォントワークス。

何年かぶりにSimple Textを開いてみると、こちらではフォントがでてきます。
ということは、ATMではなくイラレがおかしいってこと?

その後いろいろやりました。
フォントの再インストール。イラレ8の再インストール。イラレ8の環境設定を捨てる。os9のcommonフォルダを古いHDDからコピー。その他。
ネットでググっても内容が古いのでなかなか見つけられないですよね。


ATM deluxeのチェックをいろいろいじると、フォントが出てきたり消えたり、フォントが違う種類の書体になってしまったり。混線しちゃってるみたいな感じです。

と、なんか知らないうちに、それなりにデータが出てしまった。えー?

ってのが昨日の夜、3時間ほどの格闘劇。


で、今日。
開いてみると、昨日よりひどい。モリサワ新ゴファミリーがほぼ全滅。

どいうこと、あらためてググる。

イラレ8でフォントが使えなくなった人をみつけました。
「AdobeFnt.lst」を捨てて解決したらしい。
それほど期待せず(期待し過ぎないように)やってみると、みごと解決でした。

「AdobeFnt.lst」で検索をかけると、色々と情報があるようですね。
昨日はなぜみつけられなかったんだろ?

AdobeFnt.lstはAdobeのフォントのリストのようです。イラレはこの情報でフォントを認識してるんですね。

フォントがおかしいときはファインダーで「AdobeFnt.lst」を検索、削除。です。

illustrator8がでたのは1998年だそうです。もう卒業したいです。



DTPのためのMac OS X 完全移行ガイド MacOS X v10.5“Leopard”対応版

速習デザイン Illustrator CS4