FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

DTPを快適に!

なにかと短時間作業を強いられることの多いDTPの仕事。この苦しみから少しでも解放されたい思いで、只今勉強中!javascript、applescriptの習得を中心にその他のチップス、素材のことなんかを書いていきます。

カテゴリー "mac" の記事

MacでArc Touch mouse 快適?

以前も書きましたが、たまに外で仕事をしています。

MacBook Proで文章を書いたり、ネットを見るぐらいだと、トラックパッドがとっても便利!
BetterTouchToolなるトラックパッドのジェスチャ機能を追加するソフトを入れ、より快適にして使ってます。

ただ、illustratorやphotoshopなんかのDTPソフトを扱うにはトラックパッドはきびしい。
ドラッグしながら細かい作業はとても出来ない。

やっぱりマウスが必要ですよね…

続きを読む

スポンサーサイト

BBモバイルポイント やっとつながりました。

以前、外でネットが出来るようにと、「BBモバイルポイント」に入ったという話を書きました。(詳しくはこちら

近くのマクドナルドで1度だけ、繋いでみようと試みました。
ログイン画面がでたのですが、パスワードを忘れてしまい断念して帰ってきました。

それから3ヶ月ほど立ちまして、一度も使っていませんでした。

私は自営業で自宅で仕事をしているのですが、自宅に一人でいると何かと他のことに興味をそそられてしまい、なかなか仕事に集中できないことが多いんです。(意志が弱いんです…)


アイコンチキン食べながら…

そこでたまには外で仕事も悪くないかと、マックに行って、今度はパスワードもしっかり用意して、イザ!…つながらない。

正確にはネット回線はつながってるんですが、ログインができない。ログイン画面が表示されない。
safariもfirefoxもgoogle chromeもダメ。

スマートフォンを取り出し、スマートフォンからトライ。
ログイン画面がでて、ちゃんとつながりました。

ということはMacがおかしい。(マクドナルドではなく、持参のMacbook)

スマートフォンで解決策を検索。
ブラウザのキャッシュを消してみたり、
直接ログインのアドレス「https://www.login2.w-lan.jp/signup/Login」「https://www.login3.w-lan.jp/signup/Login」(スマートフォン上では後者のlogin3でした。)

いろいろやりましたが、だめ。

その日はそのまま退散(マックの充電も忘れていてあまり長く使えなかった)

帰宅後も、情報を検索。
ひとつわかったことは、
os10.6はネットワークのセキュリティが「WEP 40/128ビット 16進」だということ。
前回はログイン画面がでたので、気にしていなかったのですが、普通の「WEP」を選択していたような。


敗者復活

ということで次の日もう一度トライ。

結果は変わらず。ログイン画面がでない。

こんなことを繰り返してもと思い。
サポートセンターにその場で電話。

電話には親身に対応していただきましたが、やってることは同じようなこと。

やってなかったのはネットワークの中に表示されるTCP/IPのルーターアドレスをブラウザで打ち込み直接ルーターにアクセスさせること。
ダメでしたが。

結局マクドナルドの店舗を教えて、調査します。とのこと。
スマートフォンではつながるので、大丈夫かとは思うのだけど、あちらが言うので。

こんな感じで何も進展せず、電話終了。

その後も、往生際悪く弄って見る。
safariのキャッシュをもう一度消す。ダメ。

とその時、safariの「接続できませんでした。」の表示の下に「ネットワーク診断」というのが目に止まり。
ダメもとでクリック。

指示にしたがってポチポチすると、

ログイン画面表示!!

えっ?
正直、何がどうなったかは、わかりません。

なんだかつながったみたいです。

つながりましたが…

サポートセンターが調査をするという事だったので、手間を取らせるのも悪いなぁと思い、もう一度電話を(お人好しでしょうか?)

今度は先程とは違う方が出られたので、さっきも電話して結局つながった話しをしたら、「ではそのままお使いください。」とのこと。
調査の話をしても、大丈夫です。とのこと。

結局調査はするようですね。
あちらも忙しいのでしょうが、そそくさと電話終了。

つながった経緯でも聞いておけば今後のサポートにも生かせるのではと思ったり。

ちょっと、スッキリしなかったので、こちらに書かせていただきました。
誰かの役に立てれば嬉しいです。





FTPソフト for mac

お客さんとのデータのやりとりに、FTPサーバーをよく使います。
そこでFTPソフトなのですが、

fetch => cyberduck

以前はmacのFTPソフトといえばという感じで、fetch使用試用していました。あの犬が走ってるやつです。
でもこれシェアウェアなので、フリーのものがないかと探しcyberduckにたどり着いたのが、2年ほど前でしょうか。

最初はアヒルアイコンもクールでUIも使いやすく良かったんです。

でも、バージョンアップのせいなのか、私の使い方なのか、どうも調子が悪い。
データをダウンロード出来ないことが、頻繁に。
そんなときは、OSXのfinderで「サーバーに接続」を使っていました。

そんなこんなで昨日です。
cyberduckを立ち上げると、新しいバージョンがあるからアップデートするか?との内容のダイアログ。
これで少しは調子良くなるのかなと期待込めてアップデート。

そして立ち上げてみると
このバージョンのMac OS Xでは使用できません。

調べてみると私のOS10.4では使えないものにアップされてしまったようです。
cyberduck3.3はOS10.5以上で使えるようです。

これはおかしくないですか??
そんなものですか?

もしかしたらアップする際にOS10.5以上用だよって出たのかもしれませんが、アップを促す時点でどうかしてるとおもうのですが。

cyberduck => RBrowser

というわけで、ダウングレードするのもいやなので、また、別のFTPソフトを探しました。

   追記:というものの同じ症状でお困りの方もいるようなので、ダウングレードしてみました。
      場所はここを開くとズラリと旧バージョンがでてきます。
      「Cyberduck-4990.tar.gz」というのがos10.4で使える最終バージョン3.2.2のようです。
      ダウンロードして解凍したら、元にもどりました。ブックマークも元通り。
      もちろん、もうアップは厳禁です。


なかなか無い中、RBrowserといのが安定しているとのことで、使ってみることにしました。

RBrowserはFTPにのみ使う場合はフリー、それ以外は料金が発生するようです。
(といっても、それ以外に何に使えるかよくわかりません。)

まだ3回ほどデータをアップした程度ですが、cyberduckよりはきびきび動いているような気がします。

欠点としては最初の起動時。
cyberduckだと、前回接続した所に自動でつないでくれる。(という設定がある)
しかし、RBrowserは「FTPだけか?」というアラートが出て、「FTPonly」ボタンを押した後に、上のバーに前回接続したリストがあるので、その中からお望みのサーバーを指定しなくてはなりません。
2クッションかかるんです。

それともう一つ残念なのはアイコンです。ちょっといただけないデザインですね。
cyberduck v.s. RBrowser

RBrowser => ・・・

今後ですが、RBrowserの使い勝手にもよるのですが、できればFTPソフトを自作したいなぁと思ってます。

実は3ヶ月ほど前にFTPを監視して、データに変化(追加・削除)があった場合に知らせてくれるようなソフトはないかと思ってさがしたのですが、見つかりませんでした。
では作ってしまえと。

とはいっても最初から作れるほどの技術もなかったので、「AppleScript Studioでゼンマイびゅんびゅん!!」という本に載っていた、「FTPソフトを作ってしまえ!」を改造してApplescriptでFTP監視ソフトを作りました。
常に監視というのではなく、ある一定間隔で(例えば1分毎に)サーバーをチェックして、前回チェックしたときと変化があれば、アラートをだしたり、メールで知らせるという物です。

元々この本にのっていたものは、もちろんアップロードやダウンロードもできるものでしたが、データ1つずつしか出来ないため、そこはcyberduck(当時は)にまかせて、機能を外してしまったのです。
これをどうにか、FTPソフトらしいものにできないかなぁと思ってます。

それらしくなったら、ここで公開したいなは思ってるんですが、サーバーにアクセスかけるようなものを素人がつくるのは危険なんでしょうか?


mac ウイルスソフト必要?ソフト比較

最近mac向けのウイルス対策ソフトの記事を見かけるようになった。

ひとつ目は日本ではジャストシステムが販売している
カスペルスキーの「Kaspersky Anti-Virus for Mac」、11月13日から販売との事。

もう一つは、トレンドマイクロの「ウイルスバスター 2010」。これはもう発売しているみたい。

macにも今までウイルスがなかったわけではないけれど、ほとんど必要なかった。
macでウイルス対策ソフトといえば、シマンテックの「ノートン」。私もかつては入れていました。
あと「ウイルスバリアX5」なんてのもあります。

で、そのノートンも対抗なのか、現在ギフトカードによるキャッシュバック中。2009年9月30日購入分まで。

今まで、あまり企業が手を出さなかったのは、macにはあまり必要ではなかったから、つまりは売れないから。
でも今、2社が参戦してくるってことは、少なからずの利益を求めてるってこと、

つまり
売れそう = macにウイルスの危険が拡大 ??

今までmac向けウイルスが少なかったのは、windowsに比べユーザーが遙かに少なく、つくってもおもしろくなかったから、かと、
iPhoneなんかも盛り上がってきていて、ウイルス作る方も活気づいてきているのか?
ウイルス対策ソフトがでると、ますますあおりそうだが、

公式のHPを参考に比較表を作ってみました。
メーカー毎に書き方が違うため、これでいいのかなという所もあります。

2009年9月12日現在

Kaspersky Anti-Virus
for Mac

ウイルスバスター
2010

ノートン アンチウイルス
11.0

ウイルスバリア X5
リアルタイムスキャン
手動スキャン
ウイルス定義自動更新
フィッシング対策

対応Safari3.0,4.0
Firefox3.0,3.5


別ソフトInternet Securityで可能

使用環境
OS10.4.11〜
Intelのみ

OS10.4.11〜
PowerPC(G4,G5)
Intel

OS10.4〜
OS10.6正式対応
PowrPC(G3,G4,G5)
Intel

OS10.4.10〜
PowerPC
Intel
価格

パッケージ版1年4,900円
ダウンロード版1年4,620円
更新3,675円

mac、win合わせて3台使える
パッケージ版1年5,980円
ダウンロード版1年4,980円

OPEN価格
シマンテックストア
パッケージ版1年8,232円
ダウンロード版1年6,195円
更新4,980円

ダウンロード版1年7,800円
更新2,520円


使っていないので使用感はわかりません。
使用感は徐々に他の方がレビューを書いてくれると思うので、そちらを参考にして下さい。
比較してみたものの、機能として違うのはフィッシング対策がウイルスバスターについてることぐらい。

私の環境(PPC G5 OS10.4.11)としてはカスペルスキーは却下。
うちにはmacとwindowsが合わせてちょうど3台あるので、ウイルスバスターは魅力的ですね。

体感的に遅くなるのはいやなので、レビューをみてからですね。レビューよろしくお願いいたします。

それにしてもシマンテックのサイトはわかりずらい。macはどうでもいい扱いの様な感じを受けました。漢字talk7.5からノートンユーティリティを使っていた身としては悲しいです。

ウィンドウの切替にショートカットがっ

illustratorで仕事をしていて、ファイルをいくつも開くことがよくある。
素材だったり、過去のデータなんかも開いていて、そこからコピーしたりと。

画面の広さも限られているので(モニタ2台でデュアルモニターにしてるがそれでも)ウィンドウが重なって、別のドキュメントにすぐにアクセスができない。
今までillustratorのドキュメントの切替は、メニューバーの「ウィンドウ」から切り替えていた。

windows版のillustratorは「Ctrl + F6」で切り替わるらしい。
macで「control + F6」しても「command + F6」しても切り替わらない。
キーボードショートカットをみてものっていない。

ネットで調べてたら出てきました。
「command + F1」

でもやっぱりillustratorのキーボードショートカットにはのっていない。
これって裏技?

よくよく調べると、何てことはない、osxのショートカットでした。
お恥ずかしい。

他のアプリでも切り替わるじゃないですか。
osxの環境設定「キーボードとマウス」には「動作中のアプリケーションの次のウインドウを操作する」と書いてありました。チャンチャン

でもこれって便利じゃないですか。
他のアプリケーションでもいい感じです。
イライラがほんの少し軽減されました

osxの入門書なんかにはのってるんでしょうね。
そいうのを馬鹿にしないで読んでみると新たな発見があるのかも!